公衆送信権とは

公衆送信権とは、著作物(但し、本物、原本に限る)を、インターネットで送信、または書籍を経由、あるいは現物の出荷で以て送信するといった、決まった送信方法以外の送信を禁止する権利である。

近年、この権利の概念を踏みにじる事件が発生した。特に、464.jp事件では、漫画家が予め「漫画を『出荷で以て』送信する」ことに決めているのに対し、容疑者は漫画家に無断でインターネットで公開していたから、公衆送信権侵害が成立したわけである。

ファイル共有ソフトを使うことにいいことはない。なぜなら、実用ソフトとゲームは、「店に行って買う」のが正式な入手法であるのに対し、ファイル共有ソフトで提供されているゲーム、実用ソフトは、全て著作権と公衆送信権を侵害しているうえに、タダでダウンロードするという悪い入手方法を平気でする悪いソフトだからである。

本とゲーム、実用ソフトは、店頭で購入したら、私的利用に限って使うのがルールであり、普通であり、あって当たり前のことである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック